TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

お知らせ一覧

【valueFaxコラム】FAXDMで反響数をアップさせる3つのコツ

 

効率的に宣伝できるFAXDM

 

FAXDMとは広告手法の一種で、商品・企業情報などをFAXで送れるダイレクトメールサービスです。FAXを活用することで、わざわざ外に出て営業へ向かう必要がなく、短時間で多くの企業に配信できます。ただし、多くの方に送ることができても、その反響が良くなければ広告を作成した意味がありません。広告の内容や送るタイミングが大切です。

今回はFAXDMで反響数を上げるコツを3つご紹介します。これからFAXDMを導入して、反響数・集客率を高めたい方やFAXDMの反響数に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

1.FAX DMは企業が忙しくないタイミングで送る

 

FAXDMは送る時期だけでなく、時間帯も大切です。タイミングが良くなければ、反響数をアップさせるのは難しくなってしまいます。特に年末年始のような忙しい時期に送っても、企業が目を留めてくれる可能性は低いです。また、季節や行事に関わる商品なら、その時期に合わせて送るのがベストです。時間帯も同様に、その企業が忙しくない時間を狙ってFAXDMを送りましょう。

 

2.目的に適した自社の強みをアピール

 

FAXDMは非常に効率的な広告手法ですが、書き方を誤ってしまうと効果が期待できません。

反響のある広告を作るには、まずFAXDMを送る目的を明確にし、ターゲットを絞ることが大切です。ターゲッティングは、仮説やアンケートを参考にすると選びやすくなります。受け取る企業側に関係のある内容を記載し、興味を持ってもらいましょう。さらに、原稿は単に関連性のある情報を書き込めば良いというものではありません。商品の強みや他社との違いをわかりやすく記載するのがポイントです。この商品を買うメリットや自社の強みを大々的にアピールすることで、より企業側の興味を引き付けましょう。

 

3.FAX DMはキャッチコピーの内容が大切

 

広告を作成する上で欠かせないのが、キャッチコピーです。一般的に広告を読む場合、キャッチコピーが最初に読まれる文章であり、言わば第一印象です。その一瞬で企業が本文に目を通し、興味を持ってもらえるかが大きく関わっています。企業に関連のある情報をキャッチコピーとして、わかりやすく表記し、企業側が目を留めてくれるよう工夫しましょう。

 

まとめ

 

FAXDMはコストが低く、短時間で多くの企業に配布できる効率的で利便性の高い広告手段です。ポイントを押さえて活用すれば、企業側の興味を引き付け、反響数を増やせます。効果的な書き方を意識して原稿を作成すると、目を通してもらいやすくなります。書き込む内容はもちろん、送るタイミングも注意して利用しましょう。