"

ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

お知らせ一覧

【valueFaxコラム】FAXDMとDM、それぞれのメリットと注意するべきポイントは?

FAXDMとDM、どっちがお得?

 

販促ツールとして、一般的に思い浮かぶのは「FAX DM」と「DM」ではないでしょうか?

両者を活用した場合、比較すると実は「費用」と「閲覧率」でFAX DMに優位性があります。

「FAX DMって古くない?」と思われるかもしれませんが、実は今、「FAX DM回帰」が起こっています。

今回は、DMとFAX DMを比較した上でのメリットと注意点に触れたいと思います。

 

DMとは

 

DMとはダイレクトメールの略称で、顧客や見込み顧客宛てに直接送られる、商品案内やカタログのことです。

集客に有効な方法の1つで、カタログや小冊子にして送ると、より多くの情報を伝えられます。

分布する人を地域ごとに分けることや顧客によって宣伝内容を変えることも可能です。

印刷物がメインで、多くの通信販売業や百貨店に利用されています。

 

DMのメリットはデメリットにもつながる

 

DMの大きなメリットは、カラーや形を自由に変えられるため、個性的なデザインや企画にこだわって、反応率向上を図れるのも魅力です。

ただし、デザインや企画に凝りすぎると、発送料に加えて、制作・印刷のコストが非常に大きくなります。

彩りはDMのメリットでもありますが、デメリットにもつながるので、諸刃の刃といったところでしょうか。

 

FAXDM、強さのヒミツ

 

一方、FAXDMはその名の通り、FAXを利用して営業チラシや新聞を送る広告の一種です。広告の知識がない方も、専門の企業に依頼して申し込みをすれば、簡単にFAXDMを利用できます。

FAXDMの最大のメリットは、配信料の安さです。安価で多くの顧客へ宣伝できるのが特長です。

通常のDMは印刷物を作成するのにかかるコストが高いのですが、FAXDMは配信コストだけで、印刷料金はかからないため非常に低コストで宣伝できます。かかるコストや作業工程の少なさは、DMと比較して無駄がなく効率的です。

また、閲覧率。DMは開封しないと中身は閲覧できませんが、FAX DMは必ず誰かの目に留まります。FAXDMは顧客に送信された時点で開封されているため、ほかの広告手法に比べて、目を通してもらえる可能性が高いです。つまり閲覧率が100%。

さらに、FAXの設定で日時を希望できるため、顧客が広告を見てくれそうな期間や時間帯を設定して送信することもできます。

そして、送信拒否に対するクレーム発生時も迅速に対応し、再び送信しないシステムもあります。

 

DMよりFAXDMの方がお得

 

効率性はもちろん、費用対効果の点を考えると、DMを利用するよりFAXDMの方が優れています。

さらにコストが安く、閲覧率も100%なので、継続的に複数回送ることができ、刷り込み効果も期待できます。

新しく広告手法を取り入れようと検討されている方は、FAXDMの導入がおすすめです。

Value FAXでは、業界最多約450万件、1250業種のリストを保有し、そのデータは毎日更新し、豊富で鮮度の高いリストを用意しております。

ぜひ一度、FAX DMのことならValue FAXにご相談ください。