"

ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

お知らせ一覧

【valueFaxコラム】【FAX DM業者選び】要チェックポイントはココ!~4つのポイントで検討しよう~

FAXDM業者は、どのような基準で業者を選べばスムーズで安心なのか

 

メールDMや郵送DM、ポスティングなどのさまざまな広告宣伝手法やツールがある中で、古くからあるものですが、「FAXを使ったDM」ですが、今再び注目が集まっています。

FAX DMは、他広告宣伝方法と比較して、非常に低コストで宣伝ができ、かつ興味を持った企業だけからアプローチが入るのでレスポンスの対応もスムーズに行うことができる魅力的な広告宣伝ツールです。

しかし、独自で行うには企業のFAX番号の取得やリスト集めが難しく、送信の手間もかかってしまいます。

そこで、代行をしてくれるFAX DM業者に依頼するのがベストですが、さまざまなサービスを提供している業者が登場しているため、どこに頼むのか検討しなくてはなりません。

また、業者ごとにサービスは異なっており、対応によっては送信先の企業との間で思わぬトラブルも発生する可能性もありますので、慎重に選ぶことが大切です。

本記事では、思わぬトラブルを避けるために、チェックしたい4つのポイントをご紹介します。

 

料金を比較・検討しよう

 

FAX DMの料金システムはパック料金や1枚〇円~など、業者ごとに異なります。

もちろん、安ければ良いわけではなく、対応力やサービス内容と照らし合わせて、予算に合う料金であるか、比較検討を行いましょう。

 

送信先の保有リストは適正で十分か

 

自社で集めた送信リストにしか送ってくれないとなれば、継続的なアプローチは難しくなりますし、量も限られてしまいます。

FAX DMのレスポンスは送った量に比例して上がってきます。

自社がカバーしていない企業や業種などを含めてさまざまな角度からアプローチすることが重要です。

そのため、どのくらい送信できるリストを保有しているのか、新しいリストに更新ができるのかをチェックすることがポイントです。

もちろん、コンプライアンスに則った方法でリストを取得し、適切に管理しているのかどうかは、しなくてはなりません。管理方法を開示してもらうのが良いでしょう。

 

クレーム対応やトラブル防止等の仕組みはあるか。またアドバイスを貰うことができるか

 

FAX DMはこれまで取引のない企業などにも送信することになりますので、少なからず「送ってくるな」「どこでFAX番号を入手したのか」といったクレームが入ることがあります。

大量にFAX DMを送った結果、クレーム対応に追われることになれば、効率も悪くかえって手間が増えてしまいます。

クレームが入らないような未然防止策を講じる業者やトラブルが発生した際に適切に対応してくれる業者に依頼しましょう。

 

送信までの手順は簡単か

 

宣伝広告は、送りたいと考えたときにスムーズに、そしてタイミングよく送れることが利点です。

依頼から送信までどのくらいの期間や日数がかかるか、原稿の入稿の仕方は簡単か、原稿の作成をサポートしてくれるかなどもチェックしておくことが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。FAXDMは、継続して実施することで、より良い効果を期待することができます。よって、狙いたいターゲットに、繰り返しスムーズに送信できるよう、安価かつ簡単な操作で送信できることが理想です。本投稿を参考に、最適なFAXDM業者を選んで頂ければと思います。

また、valueFaxはFAXDM業者選びの4つのポイントを全て押さえております。ユーザー登録を行うだけで、無料お試しポイントとして100ポイント付与させて頂いておりますので、お気軽にお試しください。

(会員登録へはこちら)

 

また、valueFaxはFAXDM業者選びのは4つのポイントを全て押さえております。業界最安値水準のコストパフォーマンス・高速・高画質・高セキュリティ、そして、ネットから簡単にご利用いただけます。FAXDMが格安で気軽にできる最新のサービスの特長をご覧ください。

(Value FAX の特長はこちらをご覧ください)