ValueSMS ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

FAXDMの「オファー」とは?重要な理由と考え方をご紹介|ValueFAXコラム109

目次  [非表示]

    FAXDMの「オファー」をご存じですか?FAXDMの内容に「オファー」を入れることは、FAXDMの反応率を上げるためにとても有効です。
    本記事ではFAXDMの「オファー」とは何か、またその重要性や、利用する際に留意したい考え方について説明します。

     

     

    FAXDMの「オファー」とは

    FAXDMの「オファー」とは、受信した側が返信や問い合わせをすることで、プレゼントなどのメリットを受けられる提案のことです。
    単なる広告・宣伝に加え、「オファー」をプラスすることで返信や問い合わせにつなげ、見込み客獲得を目指します。
    これまでFAXDMを試みてもあまり効果がないという企業は、原稿に「オファー」を取り入れることを検討してみるとよいでしょう。

     

     

    FAXDMでオファーが重要な理由

    届いたFAXDMが関心のある内容だとしても、自ら問い合わせなどのアクションを起こすのが面倒で、そのまま放置されるというケースも少なくありません。しかし人間の心理として、同じ広告内容でもプレゼントや無料体験などのメリットがあれば、返信や問い合わせのハードルが下がるものです。
    見込み客を獲得するために、FAXDM送信後はターゲットからの返信を待つ必要があります。だからこそ、魅力的なオファーをプラスすることは、反応率を上げるためにとても有効な手段といえるのです。

     

     

    FAXDMにオファーをプラスする際の留意点

    FAXDMにオファーをプラスする際は、次のような点に留意してオファー内容を考えましょう。

     

    • ターゲットのニーズに寄り添う
    • 無料で提供する
    • 特別感をアピールする
    • 成約確度を重視するか、反応率を重視するかを明確にする

     

    ひとつずつ説明します。

     

    ターゲットのニーズに寄り添う

    FAXDMの広告内容は「ターゲットは何を欲しているのか」を相手の身になって考える必要があります。安易に決めるのではなく、どんなプレゼントや提案をオファーすれば相手が喜び、さらなるアプローチにつなげることができるのかをよく検討した上で実施しましょう。

     

    無料で提供する

    FAXDMのオファーは、できるだけ相手に金銭的な負担のかからないものにしましょう。同じ内容のオファーでも、無料で提供することで経費精算の必要がなくなり、反応してもらえる確率はかなり上がります。

     

    特別感をアピールする

    せっかくオファーをプラスするなら、特別感のあるものがおすすめです。どこでも気軽に手に入るモノや、インターネットですぐに検索できる情報ではあまり魅力的とはいえません。「これは絶対に欲しい!」「ぜひ体験してみたい!」といった気持ちを引き出せるオファーを差し出しましょう。詳しくは後述します。

     

    成約確度を重視するか、反応率を重視するかを明確にする

    オファーをプラスする際、成約確度の高い層からのアクセスを求めるのか、それともまずは反応率を上げて「玉石混交」の中から見込み客を抽出していくのか、オファーの方針を明確にすることが重要です。FAXDMに返信してくる客層を予測することで、その後の営業戦略が立てやすくなり、ビジネスの成功につながります。
    成約確度の高さを重視するのであれば、少しでも商材・サービスに関心のある相手がアクションを起こすようなオファーを提供しましょう。とにかく反応率を重視するのであれば、相手にとってリスクがないオファーが有効です。

     

     

    FAXDMの「オファー」の具体例

    つづいて、FAXDMのオファーの具体例を見ていきましょう。

     

    商材サンプルの無料提供

    FAXDMの内容に少しでも関心があれば、商材サンプルの無料提供はとても魅力的です。商材が気になるけれど、いきなり購入するのはリスクが大きい…と考えるターゲットに対し、良さを知ってもらうきっかけになるでしょう。また当然のことながら次のアプローチにつなげやすくなります。

     

    無料体験

    自社サービスの無料体験もよいでしょう。たとえばサブスクリプション型のITサービスなどは、「良さそうだな」と思っても、いきなり契約するのはためらわれるものです。お試し版で操作性などが体験できれば、「こういう使い方はできるか、問い合わせてみよう」というように、さらに関心を高めることができます。

     

    無料相談・無料診断

    ターゲットのビジネス上の課題が、自社の商材やサービスで解決できるようなものであれば、無料相談や無料診断をオファーしてみましょう。その際「無料の相談や診断をしたあと、営業をかけられるんでしょ」と警戒されないように原稿を工夫しましょう。「〇〇の基本がわかるノート」といった、自社サービス関連の役立つ情報をまとめた冊子をプレゼントするのも喜ばれます。

     

    返金保証

    無料オファーではなく、実際の契約後に「返金保証」をつけるのも一案です。「もし失敗したら経費がもったいない」となかなか踏み切れないケースでも、返金保証をつけることでターゲット側のリスクが減り、成約につながりやすくなります。

     

    ギフトカード

    ギフトカードは誰にでも喜ばれます。たとえば商材・サービスに関わるアンケート回答者限定でプレゼントすれば、成約確度の高い層からのアクセスがあります。わざわざ手間と時間をかけてアンケートに答えてくれるのであれば、優良顧客への成長も期待できるでしょう。単純に反応率重視ということであれば、返信のみでギフトカードがもらえるような簡単なオファーにしましょう。

     

    FAXDMに「オファー」をプラスして見込み客を獲得しよう!

    ここまでFAXDMの「オファー」について見てきました。FAXDMのオファーは、上手に活用することで、ビジネス成功の有効な手段となります。
    ValueFaxには、反応率を上げる、または、成約確度の高い層からのアクセスを目指すなど様々なノウハウがあり、FAXDM専門スタッフによる的確なアドバイスが可能です。
    会員は無料で原稿テンプレートを使用することができ、オプションでオファー掲載を含めた原稿内容などのコンサルティングも行っています。豊富な実績とノウハウを有しているからこそ、クライアント様のビジネスを力強くサポートします。

     

    FAXDM代行の資料・サービス・料金プランについてはお問い合わせにて承っております。是非、お気軽にご相談ください。

     

    関連記事

    反応率を上げる方法と注意点について解説

    FAXDMコンサルティングのサービス内容とバリューファックスの無料サポートを紹介

    Value Fax
    監修:株式会社Value
    新規顧客獲得のためのFAXDM・SMS送信サービスを提供。その他、原稿制作や原稿コンサルティングサービスなどのサポートを充実させ、お客様の成果盛大化をご支援致します。

    お問い合わせ

    定期配信、ボリュームディスカウント承ります。

    ご不明な点などございましたら、下記フォームより何でもお気軽にお問合せ下さい。
    追ってご連絡いたしますので宜しくお願いいたします。

    プライバシーマーク

    0120-676-175

    お問い合わせフォーム

    会社名

    お名前

    メールアドレス

    電話番号

    ご住所

    お問合せ内容





    メッセージ

    個人情報の取り扱いについて

    【利用目的】

    株式会社Value(以下当社)が取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答についてのみ利用いたします。

    【第三者提供】

    当社は、お預かりした個人情報を、法令の規定または司法手続きに基づく要請による場合を除き、第三者に提供することはありません。

    【外部委託】

    当社は、お預かりした個人情報データを保管のためクラウドサービス会社に、システムの運用保守のためシステム管理会社に委託することがあります。

    【情報提供の任意性】

    当社への個人情報の提供は任意となっています。ただし、情報に漏れやミスがある場合、お問い合わせへの適切な回答ができない場合があります。

    【個人情報の開示等】

    個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否、その他お問い合わせ等については、以下問い合わせ先までご一報ください。

    お問い合わせ先
    担当 :個人情報保護管理者(土井 直道)
    電話 :0120-676-175