ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

[ValueFAXコラム026]FAXDMのコンサルティングってどんなサービス?送信代行と何が違うの?

 

FAXDMを導入し、新たな顧客獲得や営業ツールとして利用されている企業が増えてきています。

メールや郵送DMと違い、認知性100%のFAXDMは、多くの顧客に一瞬で届けることができる希少な販促ツールとして人気があります。

そこで今回は、FAXDMの効果を高めるために、原稿の作成や、サービスの利用方法などを相談できるコンサルティングについてご紹介していきます。

また、FAXDMのサービスのひとつ、送信代行との違いについてもご紹介します。

 

FAXDMのコンサルティングとは?

 

FAXDMコンサルティングとは、FAXDMの原稿作成やサービスを上手に利用するために、相談に乗ってもらう事やアドバイスをしてくれる人のことです。

主な業務として、送信するFAX原稿の文章添削や、送信先の業種選定などをアドバイスする事がメインとなります。

FAXDMに関する経験や知識をもとにアドバイスをしてもらえますので、レスポンスを上げる効果が期待できます。ただし、コンサルティングは人が行うものですので、コンサルタントの得意なジャンルや傾向などが影響する事もあります。

そのような理由から、しっかりと比較し、コンサルティング業者を選ぶ事が大切です。

 

コンサルティングを利用するメリットは?

 

FAXDMコンサルティングを利用するメリットとして、まずコンサルタントがFAXDMに対する知識と経験がある事が大きなメリットとなります。

コンサルタントは業種や職種の絞り込み、対象企業の営業活動の時間帯やキャンペーン等のアプローチの仕方など、数多くの成功例や失敗談を知っています。こうした経験をアドバイスしてもらえる事で、反応率の高いアプローチをかけられる可能性が高くなります。

また、反応率を伸ばしたい場合なども、相談する事で解決する可能性があります。

次に利用するメリットとして、トラブルを未然に防ぐことができる点があります。

FAXDMについては、ごく稀にクレームが入る事がありますが、その可能性を事前に防ぐ事ができます。

クレームになった場合の具体的な対処法などについても、事前に相談できる点はメリットと言えるでしょう。

 

送信代行サービスとは?

 

FAXDMを利用する場合、営業をかける商材やサービスの種類から顧客の業種などを絞っていき、送信先を登録していきます。

送信先を登録し終えたところで、送信する原稿を用意し一斉に送信をかける手順が、一般的なFAXDMの販促方法となります。

FAXDMの送信代行サービスとは、こうした一般的なFAXDMの販促を実践していく場合、パソコン操作が苦手な方や、他の業務に忙しく時間が取れない方のためにお客様の替わりにFAX送信を一括で依頼できるサービスの事です。

その反面、送付する原稿のやり取りや送信先の選定に対して、事前にある程度のお打ち合わせをさせて頂く必要もあります。

 

コンサルティングとの違いについて

 

送信代行サービスとコンサルティングとの違いについては、コンサルティングはFAXDMのサービスを利用する際のアドバイスなどを、専門のコンサルタントに依頼するサービスです。一方で送信代行はFAXを送信する際の代行業務のサービスといえます。

それぞれFAXDMの反応率を上げる効果や、業務効率を高めることが期待できます。

 

それぞれの費用対効果について

 

FAXDMの本来の目的とは、販売する商品やキャンペーンの販促、宣伝が主な目的となります。

こうした本来の目的から、コンサルティングや送信代行を通さずとも、サービスを利用する事は可能で、ValueFAXはFAXDMのインフラを提供している会社ですので、わずか4ステップで可能となり、送信代行サービス利用時に発生する原稿や送信先に対する事前のお打ち合わせも不要となります。

顧客リストをもとに送信先を選定し、ある程度の販促経験があればとりあえず原稿を作成し、試行錯誤を繰り返して行く事ができます。

ただし、送信するごとに都度費用対効果について検証する必要があります。

思うような結果が得られなかった場合などは、原稿の文章に問題があったのか、業種の選定に間違いが無かったか、などです。

こうした費用対効果を高める手段として、費用は掛かりますがコンサルティングや送信代行の利用を検討してみる事もおすすめします。

一方で、最初からFAXDMのコンサルティングを利用した場合、的確なアドバイスを受ける事ができます。もちろん費用をかけて行うのですから、必ず効果を出す必要があるといえます。

販促や宣伝をする明確な目標を設定することで、ターゲット層に的確にアプローチを仕掛け、最初から高い反応率を得る可能性が高まります。

費用対効果に見合った結果が得られた場合は、無駄のない販促や宣伝をする事ができたと言えますので、短期で高効率を期待する場合などは検討してみるとよいでしょう。

 

 まとめ

 

今回は、FAXDMのコンサルティングと送信代行サービスについてご紹介しました。

いずれのサービスも反応率を高める事や、業務の効率を上げる事ができるサービスである事が分かりました。

便利なサービスである反面、費用が発生しますので、費用対効果の検証は大切です。

ValueFAXでは、初めてFAXDMサービスを利用する皆様からのご相談等をお受けしております。

現在、取り扱いの商材をアプローチする対象企業や、送信する時間帯、さらにクレーム対策の一環として送信停止希望のチェックボックスを設けるかなど、FAXDMサービスを利用する際に必要なサービス利用のコツを、アドバイスさせて頂いております。

送信前の原稿チェックなど、簡単なアドバイスは初回無料でご利用頂けますので、不安に感じることがあれば、是非ご相談ください!FAXDMの業務効率化、効果の最大化に向けてアドバイス致します。