ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

[ValueFAXコラム024]キャンペーンの告知に最適なのはリスティング広告だけではない。FAXDMの優れた露出力

企業の販促活動としてキャンペーン告知をし、自社のホームページなどに勧誘する場合、検索サイトを利用したリスティング広告などが挙げられます。

Googleやyahoo!でキーワードをもとに検索されたユーザーに興味のある販促を行う事で、自社サイトのサービスをアピールできるリスティング広告は、即効性があり集客効果の高い優れた手法と言えます。

また、ネットを活用した集客以外にも、企業のオフィスにあるFAXを活用し一度に大量送信が可能なFAXDMが人気です。FAXDMは、キャンペーン告知などに最適な優れた露出力が特徴です。

今回は、FAXDMがキャンペーン告知に最適な理由についてご紹介します。

 

FAXDMの優れた露出力とは

一度に大量送信が可能なFAXDMは、送信する企業の業種や職種を絞り込むことで、興味や関心の高いキャンペーンを告知する事ができます。

FAXを受信した企業側は、他のFAXとともに送られて来ますので、目を通して頂ける可能性は高く、即効性があります。

また、原稿は市販のエクセルやワードなどで作成できますので、送信直前までレイアウトも自由に変える事ができます。

 

費用対効果の高いFAXDM

効率よく大量に販促を展開できるFAXDMは、コストを抑え費用対効果が高いという特徴もあります。

実質必要なコストとして原稿作成代と、FAXの送信料のみとなっていますので、コストパフォーマンスが高く費用を抑えることができます。

また、FAX代行業者のValueFAXでは、1枚2.3円~と大変お安くFAXDMを送る事ができます。

 

リスティング広告は維持費が課題

検索広告から誘導するリスティング広告では、検索サイト上位に掲載される見出しの広告が読まれ易くなっています。このため検索上位に見出しを継続して出す必要があるため、維持費が必要になります。

広告媒体として必要な予算は限られていますので、ヒット率が少ない場合などは、継続して掲載するのが難しくなる場合があります。

 

露出効果とニーズの拾い方の違い

ネット媒体に特化したリスティング広告と、視聴性の高いFAXDMはそれぞれ特性の違いがあり、いずれも企業の販促や広告のツールとして即効性がある事が分かりました。

ただし、この2つのツールについての違いとして、露出効果とニーズの拾い方で大きく異なる点が挙げられます。両者の違いについてご紹介します。

 

検索ニーズから訴求するリスティング広告

Googleやyahoo!の検索サイトから、キーワードを拾い集客するリスティング広告の場合、広告の性質上「キーワードを打ち込みした顧客のみを拾う形」になります。

そのためなるべくヒットするキーワードの種類を想定し、上位検索を目指す事になるのですが、いずれにしてもキーワード上の顧客のみを拾う形になります。この為、あらかじめ想定されたニーズにのみしか訴求できないとも言え、一部の媒体効果しか望めない場合もあります。

業界や業種のキーワードで検索する顧客のみを集客し、採算が取れる場合はおすすめできますが、採算ベースで合わない場合は、別の広告手段と掛け合わせるなど検討をおすすめします。

 

不特定多数の潜在ニーズに訴求できるFAXDM

企業リストから膨大なFAXを一度に訴求できるFAXDMは、業種や職種から絞り込んだ企業に一斉に送信されます。

視聴性の高い媒体であるFAXDMの強みとして、絞り込んだ企業以外にも、新たなニーズを予測し新規の企業にもアプローチできる点があります。

また、FAXDMの送信先企業では不特定多数の従業員の方が読まれますので、本来想定してなかったニーズが拾えるケースもあります。

この潜在ニーズを拾えるメリットが、ネット媒体のリスティング広告との違いになります。

FAXDMの、キャンペーン広告に最適な理由がここにあります。是非ご活用ください。

 

まとめ

今回は、キャンペーン告知に最適なFAXDMの露出力についてご紹介しました。

ネットを媒体としたリスティング広告は、キーワードから検索しニーズを拾える大変便利なサービスですが、維持費が掛かる事やキーワードを検索するユーザーのみにしか訴求できないデメリットがあります。

一方FAXDMは、対象企業に送信できる露出力の高さとコストパフォーマンスに優れている点が、キャンペーン告知に最適です。

更にFAXDMは企業検索の自由度の高さから、想定以外の潜在顧客にアプローチできるメリットがある事が重要なポイントでもあります。

ネットを活用したリスティング広告と、FAXDMの露出力を組み合わせた相乗効果では、専門性の高い顧客と新規顧客に同時にアプローチできる利点がありますので、費用対効果を試しながら利用されてみるのもおすすめします。

限られた予算の中で、デジタルとアナログを駆使した販促キャンペーンを展開し、新規顧客の獲得を目指しましょう。