ValueSMS ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

FAX広告を実施する前に知っておくべき規制や注意点|ValueFAXコラム107

目次  [非表示]

    今回は、FAX広告やFAXDMを活用している企業様にぜひ知っていただきたい規制や注意点をご紹介します。
    こうしたポイントを知らないままFAX広告やFAXDMを実施すると、あとあと大きなトラブルにつながることにもなりかねません。
    「FAXを使って営業活動を行っている」「これからFAXDMを取り入れようと考えている」という担当者様はぜひ参考にしてください。

     

     

    FAX広告に規制ってあるの?

    FAX広告に規制があることを知らない、という方も多いのではないでしょうか。実は厳然とした法律上の規制があるのです。
    2016年6月3日に「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律」(平成28年法律第60号)が公布され、2017年12月1日から施行されました。以後、一定の条件を守らないFAX広告は法律違反とみなされてしまうため、送る側は十分な注意を払う必要があります。
    まず知っておいていただきたいのが、「特定商取引に関する法律」は事業者と消費者とのトラブルを防いで消費者を保護し、消費者が安心して商品・サービスを購入することができるようにするための法律です。消費者とは「一般消費者」つまり個人のことを指し、商取引の相手が事業者(企業などの法人)の場合、適用されません。
    その点を踏まえた上で、注意するべき3つの規制について見ていきましょう。

     

     

    FAX広告に関する3つの規制|ただし一般消費者に送る場合

    FAX広告(FAXDM)を送る際は次の3つの規制を知っておく必要があります。

    ・FAX広告を相手の承諾なく一般消費者に送らないこと
    一般消費者に承諾を得てFAXDMを送る際は、承諾があった旨の記録を1年間残すこと
    一般消費者にFAX広告を送る際は、相手側が希望すればいつでも停止できるように停止希望欄を記載すること(停止希望はFAXで受け付け、その後はFAX広告を停止すること)

    FAX広告を使ってBtoCビジネス(一般消費者を対象にしたビジネス)の営業を行う際は、法律を守って実施しましょう。

     

     

    FAX広告の送り先が事業主なら大丈夫?

    では営業先=FAX広告(FAXDM)送信先が企業などの事業主なら、どんな内容や送り方でも問題ないのかというと、そうではありません。
    BtoBビジネスであっても、FAX広告を送る際は、相手に「非常識だ」と捉えられないように次の4点に気を付けましょう。

     

    1.FAX広告を受け取り拒否する方法を、FAX原稿に明記すること

    FAX広告を送る場合、受信や紙にかかる料金は相手の負担であることを忘れてはいけません。「費用を払ってまで不要な情報を送ってほしくない」と送信先に思われた場合、受け取り拒否の方法が見つけにくいようでは、企業としての印象がさらに悪くなってしまいます。

     

    2.配信停止を希望する相手には、以後絶対に送らないこと

    FAX広告でよくあるクレームが「以前受け取り拒否と伝えたのに、また送られてきた」といったものです。一度受け取り拒否の意思表示があった企業の情報は必ず残し、二次クレームにならないようにしましょう。

     

    3.自社の情報(会社名・電話番号・所在地・FAX番号)を原稿に明記すること

    FAX広告を受け取った相手は、送信者の情報を詳しく知りたいものです。そのため送信者である会社についての情報が具体的であるほど、信頼度や好感度もアップします。送信者が何者かはっきりわからないと、「怪しいところから広告が送られてきた」と思われ、よく読まずに捨てられてしまうことも多くなるでしょう。

     

    4.一般消費者に送る場合は、事前に承諾を取り、その旨を記録に残してから配信すること

    通常はBtoBのビジネス形態であっても、何かの事情で一般消費者に送る場合は、必ず事前に送り先に承諾を取り、承諾を得た旨を記録に残してから送信するようにしましょう。一般消費者に対しては、上段に挙げたように「特定商取引に関する法律」による規制があることを特に留意する必要があります。

     

     

     

    FAX広告の成功のために、規制を知って送り方に注意しよう!

    以上、FAX広告を実施する前に、知っておくべき規制や注意点について見てきました。営業先が一般消費者である場合はもちろん、企業であっても、マナーを守ってFAX広告(FAXDM)を送ることが、トラブルを防ぐだけでなく、ビジネスの成功にもつながります。
    FAXDM代行業者Value faxでは、専門知識豊富なスタッフが多数在籍しておりますので、FAX広告(FAXDM)成功の秘訣や注意点について、最適なアドバイスをすることが可能です。
    また受け取り拒否の申し出があった場合は、即リストに反映させ、二次クレームを防ぎます。

    Value faxは1件あたり税込み2.5円〜と業界最安値。豊富な原稿テンプレートも無料でお使いいただけます。

    ご相談はこちらからどうぞ。

     

    関連記事

    FAXDM業者の選び方とは?比較ポイントを解説

    戦略的FAXDMとは?FAXDM成果を最大化するための6つの確認リストをご紹介

    Value Fax
    監修:株式会社Value
    新規顧客獲得のためのFAXDM・SMS送信サービスを提供。その他、原稿制作や原稿コンサルティングサービスなどのサポートを充実させ、お客様の成果盛大化をご支援致します。

    お問い合わせ

    定期配信、ボリュームディスカウント承ります。

    ご不明な点などございましたら、下記フォームより何でもお気軽にお問合せ下さい。
    追ってご連絡いたしますので宜しくお願いいたします。

    プライバシーマーク

    0120-676-175

    お問い合わせフォーム

    会社名

    お名前

    メールアドレス

    電話番号

    ご住所

    お問合せ内容





    メッセージ

    個人情報の取り扱いについて

    【利用目的】

    株式会社Value(以下当社)が取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答についてのみ利用いたします。

    【第三者提供】

    当社は、お預かりした個人情報を、法令の規定または司法手続きに基づく要請による場合を除き、第三者に提供することはありません。

    【外部委託】

    当社は、お預かりした個人情報データを保管のためクラウドサービス会社に、システムの運用保守のためシステム管理会社に委託することがあります。

    【情報提供の任意性】

    当社への個人情報の提供は任意となっています。ただし、情報に漏れやミスがある場合、お問い合わせへの適切な回答ができない場合があります。

    【個人情報の開示等】

    個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否、その他お問い合わせ等については、以下問い合わせ先までご一報ください。

    お問い合わせ先
    担当 :個人情報保護管理者(土井 直道)
    電話 :0120-676-175