"

ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

お知らせ一覧

【valueFaxコラム】【FAX DMの反響率アップ】高い反響率を期待できるFAX DMリストの選び方とは?

リストの質がポイント

 

FAX DMの反響率の平均相場は0.1~0.3%と言われており、0.5%の反応が得られればパフォーマンスは良い方です。

レスポンス率を高めるカギを握っているのが、FAX DMの送り先リストです。リストの内容で反応率やDM営業が成功するかが決まると言っても過言ではありません。

FAX DMを送るにあたっては、多くの方がFAX DM代行業者が保有するリストを利用することになるでしょう。そのため、FAX DM代行業者選びがとても重要になってきます。

業者ごとに保有しているリストは異なり、どのような方法で送付先を集めたのかも違うからです。

 

優良リストかどうか見分けるポイント

 

FAX DM代行業者はそれぞれ独自にリスト収集をしています。

そのため、リストの収集元はどこであるか、いつの時点で収集したリストか、FAX番号クリーニングを適宜行っているかを確認することが大切です。

FAX DM代行業者の多くはネット上の電話帳サイトなどを通じて、地域別や業種別などに企業のリストを収集しているのが一般的です。

売り込みをしたい商品やサービスが、業種によってニーズが異なるのであれば、業種別のリストは役に立ちます。逆に、特定の業種以外はまったくニーズが得られない商品やサービスを売り込みたいのに、業種が区分されていないリストしかない業者では送信の無駄が発生してしまいます。

また、いつの時点で収集したリストかも重要です。あまりに古いデータだと、FAX番号が使われていないリスクもあるからです。

リストが古い場合でも、FAX番号クリーニングが適切に行われていれば安心できます。FAX番号クリーニングとは、現在も使われている番号かなどをチェックする作業です。企業は倒産や移転などでFAX番号が変わったり、利用できなくなるケースも少なくありません。FAX番号クリーニングがされていないと不達リスクや、宛先違いによるクレームも増加します。

 

こまめなリストの更新

 

FAX DMを実際に送信した場合、問い合わせや購入などのレスポンスだけでなく、誤送などのクレームや受取拒否の申し出なども入ってきます。

クレームや受取拒否の連絡を受けた場合には、その番号をすかさずチェックし、リストから削除するなどリストの更新を行いましょう。

クレームを受けたのにそのまま送り続けるのでは、またクレーム対応に追われることになり、時間の無駄です。リストの質を高めるためにも、大切な作業です。