ValueSMS ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

FAXDMを使った効果的なテストマーケティングの方法|ValueFAXコラム124

目次  [非表示]

    テストマーケティングは、販売戦略の成功に有効なプロセスです。なかでもFAXDMによるテストマーケティングは、費用対効果が高く、多くの企業で導入されています。
    本記事では、FAXDMを使った効果的なテストマーケティングについて詳しく説明していきます。マーケティング部門・営業部門のご担当者様は、ぜひ参考にしてください。

     

     

    テストマーケティングとは

    テストマーケティングとは、いわゆる「試験販売」のことです。本格的な販売展開の前に、新商品や新しいサービスの提供を行い、ユーザーの反応を確認します。多くの企業では、より確実に自社の商材をヒットさせるために、このテストマーケティングを取り入れているのです。

     

     

    テストマーケティングのメリット

    テストマーケティングを行うメリットについて詳しく見ていきましょう。おもなメリットは次の3点です。

     

    ①ターゲットの属性を明確化できる

    テストマーケティングを行うことで、商品やサービスがどの層に「引き」があるのかを知ることができます。あらかじめターゲットの属性を明確にすることで、効率的な営業活動につなげられます。

     

    ②詳細な営業戦略が立てられる

    ターゲットが明確になったり、利用者からプラスマイナス両面の意見を聞いたりすることで、「どういった層にどのようなアプローチをすれば成約に結び付くのか」という詳細な営業戦略を立てることが可能になります。

     

    ③失敗のリスクを軽減できる

    あらかじめテストマーケティングによって改善点などを発見することで、本展開をする際、営業活動における失敗のリスクを軽減することができます。

    以上のように、本格的なリリースの前にテストマーケティングを実施することには多くのメリットがあります。ではテストマーケティングにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

     

     

    テストマーケティングにはFAXDMの活用がおすすめ

    テストマーケティングにおすすめの手法はFAXDMです。理由は次の4つです。

     

    ・1件あたり数円程度と低コスト

    FAXDMは1件あたり数円程度と低コストのため、本格的な展開の前の、あまり費用をかけられないテストマーケティングには適した手法と言えます。

     

    ・簡単な操作で一斉配信が可能

    FAXDMは、簡単な操作で一度に数千件・数万件の発信が可能です。効率的に多くのターゲット企業を対象にテストを行うことができ、大量のデータを集められます。

     

    ・FAXが通常業務で使われており、見つけてもらいやすい

    DXが進んだ現在でも、ほとんどの企業ではまだFAXが業務で利用されています。また企業で使われているFAXの多くは、コピーやスキャン機能のある複合機です。一日中、必ず何度も利用されるため、FAXDMを見つけてもらいやすいでしょう。

     

    ・一覧性が高く、情報が届けやすい

    FAXDMは、A4の紙1枚に必要な情報がまとめられ、読みやすく工夫されています。一覧性が高いため、必要な情報を届けやすく、できるだけ多くの反応が求められるテストマーケティングに向いています。

     

     

    FAXDMを使った効果的なテストマーケティングの方法とは

    つづいて、FAXDMを使ってより効果的にテストマーケティングを行うための方法を見ていきましょう。FAXDMによる効果的なテストマーケティング方法は、次の5つです。

     

    • FAXDMはできるだけ大量に送る
    • テストマーケティングは複数回行う
    • ターゲットの属性を変える
    • 原稿は複数パターン用意する
    • 送信時間を変えて送る

    ひとつずつ説明します。

     

    ①FAXDMはできるだけ大量に送る

    テストマーケティングでは、ある程度の量のデータが集まらなければ、後につづく本格的な営業戦略の参考にすることができません。まとまった数の反応を得るために、FAXDMはできるだけ大量に送りましょう。

     

    ②テストマーケティングは複数回行う

    テストマーケティングは1回のみ実施しても正確なデータが集まりません。データに説得力が出るまで、次に詳述するように、条件を変えて複数回行うことが重要です。

     

    ③ターゲットの属性を変える

    同じ内容のFAXDMを、ターゲットの属性を変えて送ってみましょう。もしくは同時に送信する場合でも、属性ごとに分けて結果を見ましょう。自社の商材がどの層に受けて、どの層に響かないのか知ることができます。そのために、業界ごとに分類された送信リストを用意することをおすすめします。

     

    ④原稿は複数パターン用意する

    テストマーケティングでは、原稿を複数パターン用意して反応を比較しましょう。たとえば「文章が多めの原稿とチラシ型のポップな原稿を比べた場合、どちらに対する反応が良いのか」などを検証することで、本番の営業戦略に活かせます。

     

    ⑤送信時間を変えて送る

    FAXDMは送信時間によって反響率に大きな差が出ることもあります。ターゲットの属性(業界)によっても最適な時間が変わるので、細かく分析して、本展開の際に参考にしましょう。

     

     

    FAXDMによるテストマーケティングを活用して、業績アップにつなげよう!

    テストマーケティングの実施は、その後の営業活動を成功させ業績を上げるために大変有効です。特にFAXDMによるテストマーケティングは、費用対効果の面でおすすめです。
    Value Faxは、FAXDMの豊富な知見と実績から、テストマーケティングについて実効性のあるアドバイスが可能です。
    Value Faxが保有している業界別の約450万件の送信リストはレンタル料が無料。テストマーケティング時の大量発信にお役立てください。
    原稿のテンプレートも無料でダウンロードできるため、自社の商材に合わせて編集して使うことで、どのようなデザイン・内容に反響があるのか比較することができます。もちろんオプションで原稿コンサルティングサービスも提供しています。

    Value Faxのテンプレート集はこちら

     

    さらに1件あたり税込み2.5円~という価格は、コストの面でも負担の軽減につながります。

     

    FAXDMによるテストマーケティングや、その後のFAXDMを利用した営業戦略はValue Faxにご相談ください

     

    関連記事

    FAXDMのノウハウを業種別に紹介!反応率を高めよう

    戦略的FAXDMとは?FAXDM成果を最大化するための6つの確認リストをご紹介

    Value Fax
    監修:株式会社Value
    新規顧客獲得のためのFAXDM・SMS送信サービスを提供。その他、原稿制作や原稿コンサルティングサービスなどのサポートを充実させ、お客様の成果盛大化をご支援致します。

    お問い合わせ

    定期配信、ボリュームディスカウント承ります。

    ご不明な点などございましたら、下記フォームより何でもお気軽にお問合せ下さい。
    追ってご連絡いたしますので宜しくお願いいたします。

    プライバシーマーク

    0120-676-175

    お問い合わせフォーム

    会社名

    お名前

    メールアドレス

    電話番号

    ご住所

    お問合せ内容





    メッセージ

    個人情報の取り扱いについて

    【利用目的】

    株式会社Value(以下当社)が取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答についてのみ利用いたします。

    【第三者提供】

    当社は、お預かりした個人情報を、法令の規定または司法手続きに基づく要請による場合を除き、第三者に提供することはありません。

    【外部委託】

    当社は、お預かりした個人情報データを保管のためクラウドサービス会社に、システムの運用保守のためシステム管理会社に委託することがあります。

    【情報提供の任意性】

    当社への個人情報の提供は任意となっています。ただし、情報に漏れやミスがある場合、お問い合わせへの適切な回答ができない場合があります。

    【個人情報の開示等】

    個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用又は提供の拒否、その他お問い合わせ等については、以下問い合わせ先までご一報ください。

    お問い合わせ先
    担当 :個人情報保護管理者(土井 直道)
    電話 :0120-676-175