ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

[ValueFAXコラム025]FAXDMのコンサルが必要なケースと必要でないケースを解説

 

メールやwebを使用した媒体と比較し、低コストで始められるFAXDM。認知率が非常に高い媒体でもありますので、販促ツールとして活用している企業も増えています。

実際にFAXDMを活用する場合、顧客の反応率を高める方法として専門のコンサルティングを依頼すべきか判断が難しいところとも言えます。

そこで今回は、FAXDMのコンサルが必要なケースと必要でないケースについて解説していきます。FAXDMの特性を活かす方法のひとつとして、参考にご覧ください。

 

原稿作成のスキルについて

 

FAXDMを利用する場合、重要となるのが販促や宣伝を目的としたFAX原稿の作成です。

A4のモノクロ用紙で作成するFAX原稿は、事前にリサーチを掛け、販促やキャンペーンの内容を記載していきます。通常はPC環境があり、ワードやエクセルがあれば原稿は作成できます。

また、対象企業に興味を持ってもらえるようなレイアウトや、販促に結び付く文章を考える必要もあります。

PCでの作業に慣れていない方や、リサーチのかけ方などが思い付かない場合、コンサルティングを活用することで、原稿の作成方法やリサーチのコツをアドバイスしてもらえます。

 

 

反応率を上げる方法について

 

FAXDMは、低コストで一度に大量に販促、宣伝ができる媒体です。一方で問い合わせや媒体に興味を持って頂ける反応率は平均0.01%と言われていますので、FAXDMを開始して反応が得られるまで粘り強く改善を繰り返し、取り組む必要があります。

反応率が思うように上がらない場合は、大きく分けて2つの可能性が考えられます。

 

FAXDMの原稿に訴求力がない

 

送付したFAX原稿自体が、興味を惹く内容ではなかった場合や、内容がうまく伝わっていない場合です。レイアウトの見直しや、こちらが一方的にサービスや販促を詰め込みすぎていないかなど、送信される側の企業やお客様目線で再度検証する必要があります。

 

対象企業の絞り込みや時間帯の見直し

 

FAXDMを送信する相手企業の業種など、絞り込みが不十分なケースが考えられます。

また、同業者がすでに顧客を獲得している送信先なども、似たような販促の場合興味が惹かれない場合もあります。

また、午前中の業務が集中する時間帯を避け、夕方〜夜中にかけて送信する方が好ましい相手先など、送信時間帯にも配慮する必要があります。

 

それでもだめならコンサルティングを検討

 

原稿のレイアウトなど、何度か繰り返し修正や改善をしても、思うように効果が得られない場合もあります。また、対象企業についても業界知識が不足しており、販促効果が得られる企業の予測が自社では難しい場合など、いずれもコンサルティングを受ける事で、今までなかった視点や考え方が得られる事もあります。

FAXDMについての知識や経験が豊富な方のアドバイスを検討してみる事も反応率を上げるひとつの方法と言えます。

 

情報をリサーチしていけるか

 

FAXDMの販促を利用する場合、得意先や業界の動向など、自社が販促する商材や販促活動などがきちんと受け入れられる状況なのか、常にリサーチをかけ、情報を仕入れる必要があります。

仕入れや販売を担当している営業の方が原稿作成などに携わっている場合は、ある程度市場の動きに合わせた販促を仕掛ける事ができますので、ニーズを拾う確率は高い場合が多くあります。

一方で営業以外の担当者のみで進行する場合、リサーチの情報が不足していたり、販促の打ち出し方が分からないケースもあります。

このような場合でもコンサルティングに依頼する事で、リサーチ情報の拾い方や分析の仕方などの相談やアドバイスを受けながらDM作成を行う事ができます。

 

他の媒体など組み合わせの提案も

 

FAXDMで思うような反応率が得られない場合は、販促やキャンペーンの告知内容が、他の媒体と組み合わせた方が効果的な場合もあります。

おすすめする業種やサービスの内容によって、メールなどウェブ媒体の広告と組み合わせる場合や郵送DMや封書DMなどと組み合わせる事もできます。

 

まとめ

 

今回は、FAXDMのコンサルが必要なケースと必要でないケースを解説しました。

FAXDMで必要な原稿作成のスキルや、反応率を上げる方法、リサーチの仕方などコンサルティングを受ける事で、改善する可能性は高くなると言えます。

ValueFAXではサービスを利用する方法や、リサーチの方向性など、簡単なアドバイスをさせて頂くのは初回無料で受け付けしております。特に、FAXDMを初めて実施される方にはたいへんご好評いただいています。

簡単なアドバイスでも有料コンサルティングとされている会社様も多く、基本的に費用がかかりますので、都度費用対効果を検証する必要がありますが、ValueFAXでは無料でご相談頂けます。

FAXDMについてわからない事があれば、是非ご相談ください!