ValueSMS

TEL:0120-676-175

受付時間:平日10:00 - 18:00

コラム

[ValueFAXコラム021]《FAX DMの送り先》見直していますか?FAX DMリストを更新するメリット

 

企業の情報発信や販促など、様々な用途に利用できるFAXDM。
FAXを送信する先のリストについては、自作する場合や、顧客リストを購入・レンタルするなどの必要があります。
また、送信先のリストについては、目的やアプローチ方法により異なりますが、都度見直しする必要があるのをご存知でしょうか?
FAX原稿を自社で作成し、送信リストの見直しを行っていない場合は、リストの見直しをする事で様々なメリットが生まれます。
そこで今回は、FAXDMの送り先を見直し、更新することで得られるメリットについてご紹介していきます。

 

送り先を見直すメリットとは?

FAXDMの送信リストを見直すと、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ここではリストを見直した場合のメリットについてご紹介します。

 

反応率を上げる効果がある

FAXDMを企業などの顧客に向けてアプローチする場合、一般的な反応率は0.1%と言われています。
仮に送信リストの一部に、送信ができていない場合や送り先そのものが何らかの事情で変わってしまった場合は、結果として対象の企業に送る事ができず反応率が下がってしまうことがあります。
こうした「正確に送れていない」送り先を見直す事で、本来届けたい顧客に届けることができ、反応率が上がる可能性があるのです。

 

他のアプローチにつながる確率もアップ

一般的にFAXDMをツールとして利用する場合、封筒やハガキなどの郵送DMと組み合わせたり、メールDMを追加で発信するなどし、相乗効果を高めていきます。送信リストを見直すことで、こうした他の販促DMの送り先の情報も見直す事になりますので、相乗効果による成約率も上げる効果が期待できます。
それでは送信リストの見直しを行うために必要な作業についてご説明します。

 

送信エラーを検証する

FAXDMを送信する場合、対象企業に一斉にFAXを送信していきます。FAXを送信した後、送り先にFAXが届かず「送信エラー」として返って来る事があります。
こうしたエラーの一部は、FAXを再送することで問題なく送信できる場合があります。
まずはそれらをフィルタリングし、送信できなかった宛先に再送してみましょう。
再送しても届かない場合、次のケースが考えられます。

 

送信停止依頼を受けている

送信先の企業から送信停止依頼を受けている場合などは、送信先リストから削除する必要があります。

 

不明なエラーで返って来る

相手先が受信をキャンセルした場合や、送信先の企業がIP電話を使用している場合、FAX受信用の用紙が切れている場合など。
この内、IP電話については発信時に「0000」を付けると送信できるケースがあります。
これらの送信できなかった相手先については、リストアップし封書DMやハガキDMなど、別の方法でアプローチしてみるとよいでしょう。

 

送信リストを更新する方法について

送信エラーなどで送信できなかった場合の対象法以外に、相手先に正確にFAXが送れているのか調べる方法として、送信リストを更新する方法があります。

 

自社の送信リストを使っている場合

FAX送信する対象企業や部署について、すでに取引きがある場合は、対象企業の移転や部署の転換などがないかをチェックしていきましょう。
もし移転や部署の転換などがあった場合は、顧客リストの内容を修正しておく事で、常に最新の状態を保つことができます。
ただし、修正作業を行う手間がかかりますので、件数がある場合などは代行会社に依頼するなどしましょう。(業務委託する場合、セキュリティ面の吟味は必要になります。)

 

名簿業者のリストを再度購入する

名簿業者などから購入した顧客名簿を使用している場合などは、定期的に買い直すようにしましょう。
コストは発生しますが、古い企業情報などは更新されていきますので、正確な情報に基づいて送信できるメリットがあります。

 

FAXDM代行業者から再度購入する

FAXDM代行業などで顧客名簿を購入して使用している場合も、同じく定期的に買い直すことで情報を最新の状態に保つ事ができます。

 

レンタルを利用すると便利

FAXDM代行業者の「value FAX」では、顧客データを無料でレンタルする事ができます。
業種、地域、法人詳細条件の3項目でターゲットを絞り込むことができ検索しやすいと好評です。
また、対象の顧客データは定期的に更新しており、常に最新の状態でFAXを送信する事ができます。

 

 

まとめ

今回は、FAXDMの送信リストを更新するメリットについてご紹介しました。
送信リストを見直すことで、返信率や他のDMとの相乗効果を得られるメリットがあります。
また、送信エラーなど顧客にFAXが届いているか検証する方法や、正確に送る件数を確保する必要性も紹介いたしました。
送信リストを見直し、返信率や成約率を上げるよう効率化していきましょう。